メンタルヘルスマネジメント検定の種類と目的

  • メンタルヘルスマネジメント検定の種類と目的

    •  メンタルヘルスマネジメントは、厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を受けて、大阪商工会議所が実施している民間の検定試験です。


      この検定試験の目的は、心の不調の未然防止と、活力ある職場作りを目指すことです。
      検定を取得した人が、職場内の役職や役割に応じて、必要なメンタルヘルスマネジメントに関する知識を習得して、自らよりよい職場環境を作っていくことを目的としているので、資格取得が就職に有利になることはありません。



      ただし、人事部門のキャリアをもっている方や、管理職の方の場合には、歓迎される可能性もあります。
      メンタルヘルスマネジメント検定試験には、?〜?の種別があります。
      ?種は、社内のメンタルヘルス対策を推進のため、人事労務担当・管理者、経営者を対象としていて、メンタルヘルスケア計画を立てたり、産業保健スタッフと連携して、教育や研修等を企画・立案・実施できることを目標としています。?種は、部下のメンタルヘルス対策の推進のため、職場のグループリーダーや中間管理職を対象としていて、日常の部下の様子に配慮して、部下に不調がみられた場合は安全配慮義務に沿った対応が行えることを目標としています。

      お手軽さが魅力のチャイルド・ケアライセンス 合格率に関してわかりやすく説明しております。

      ?種は、従業員各自のメンタルヘルス対策の推進が目的で、一般社員や新入社員を対象としています。

      Yahoo!ニュース情報のご紹介です。

      自らのストレスの状況を把握して、不調を早期発見して、自ら対策を行い、必要に応じて助けを求めることを目標としています。

  • 関連リンク